ハイヤーとタクシーとの違い

自分の予定に合わせて目的地まで連れて行ってもらえる、それがハイヤーでもあります。ハイヤーというのはひとりひとりのお客さんに合わせ、高級車両と専用乗務員を提供してくれるサービスです。数多い交通機関の中において、ハイヤーは高い付加価値を持つ個別輸送機関でもあるのです。企業に在籍する役員の移動手段をはじめ、官公庁への訪問や海外のVIP客の送迎など、さまざまなお客さんから親しまれています。そんな魅力的な交通機関ではありますが、ハイヤーによく似ているものにタクシーがあり、その区別に戸惑う人も多いのではないでしょうか。こちらでは、ハイヤーとタクシーの違いについて紹介します。

最初の違いが利用方法や乗車の手段です。まずはタクシーですが、タクシーは会社に直接連絡をすることで手配はできますが、それ以外に街中を走行しているタクシーであっても、手を上げて止める事で利用できるようになります。そして止まったタクシーに乗車し、目的地を伝えればそこまで運んでもらえます。その一方で、ハイヤーはタクシーとは異なります。タクシーのように街中で止めて乗ることはできず、実際に利用するには事前に会社に予約する必要があります。また、行き先についても事前の予約の際に目的地を伝える必要がありますので、タクシーのように乗車する際に告げることはできないのです。しかしその分、サービス内容はタクシーより濃いものになっています。実際のサービス内容はそれぞれの会社で異なりますが、全体的に高サービスなのが特徴と言えます。

次に使用される用途による違いです。まずはタクシーですが、タクシーの場合は個人での利用が基本的になっています。例えば、駅から観光地などに行く場合、移動手段の1つとして選ぶことができます。一方ハイヤーはタクシーとは異なり、企業の重要な役員の移動手段や、海外からのVIP客などを送迎する場合などに利用されます。それにはきちんとした理由があり、タクシーと比べ、ハイヤーの方が運転技術に長けたドライバーが多いからです。さらに、実際に利用される車種についても高級なものが多いので、より安心で安全に乗車できるというわけです。一部の大手の企業や官公庁などでは、事前登録された車しか入れないところもあります。企業の役員の人たちや海外のVIP客などは、ビジネスを行う際、大手の企業や官公庁に出入りできないと大切な仕事に支障を生じてしまいます。事前にナンバーやドライバーが分からないタクシーでは難しい面もあるのです。このような背景もあり、会社の役員や海外のVIP客たちなどから人気があるサービスです。

利用料金の面を見てみましょう。タクシーの利用料金というのは、乗車から降車までの間に走った距離によって決まります。実際は初乗運賃というものがあり、これはタクシーを利用すると必ずかかる基本料金です。初乗運賃は、ある一定の距離を越えると加算運賃に移行します。加算運賃というのは、走行した距離や時間に応じて加算されるシステムです。遠くに行けば行くほどメーターが上がり、料金が上がる仕組みになっています。ハイヤーの場合は、かかる利用料金は完全な時間制となっています。もともとは、前もって予約した目的地までお客さんを送り届けるのが基本的なスタイルとなっていますが、実際は目的地までの距離と料金には相関性はありません。その間に実際にハイヤーを利用した時間によって、かかる料金が決まってくるのです。しかもその料金は、タクシーみたいに乗車から降車までの時間ではなく、実際に利用するために予約した時間で計算されます。以上のように、タクシーとハイヤーには違いがあります。

NEW TOPICS

2018年11月26日
ホームページを更新しました。